働きながら40万稼ぐサラリーマンが使うFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|↑ページのトップへ戻る↑

音楽業界「CDが売れないのは違法ダウンロードの所為!6683億円の逸失利益!」

とれかん気まぐれ抜粋記事



忍法帖【Lv=25,xxxPT】 (コンデ砦)[sage] 2011/10/13(木) 12:39:56.49 ID:whkaG6V40 BE:2192439348-PLT(12000) ポイント特典

レコード各社が「チューブファイア」への集団提訴に踏み切った背景には、
CDやDVDの売り上げを圧迫している無料ダウンロード(DL)の広がりに対する業界の危機感がある。
チューブファイアはすでにサービスを停止しているが、インターネット上には同種のサイトが乱立し、
音楽動画などを無料でDLできる状態が続いている。
「貧乏人にとっては『神的存在』なのに…」「おすすめの(別のサイト)があったら教えて」。
チューブファイアの利用停止後、ネット上の質問サイトには、こんな書き込みが相次いだ。
チューブファイアと同種のサービスを「おすすめ」する書き込みもあり、無料DLが横行している実態を示している。
日本レコード協会によると、これらのサイトを介した音楽作品の「不正なDL」は年間約12億件(推計値)。
一方で、平成22年にパソコンを使って正規にDLされた音楽作品は4億4千万件にとどまる。
同協会は「不正DLが、CDの売り上げやレンタルなどにマイナスの影響を与えている」としている。
レコード会社側は訴訟で「DLは著作権者の許諾を得ない『複製』にあたる」と主張。
チューブファイアを介して「約1万ファイルが無許諾で複製されていることを確認した」として賠償を求めた。
だが、甲南大学法科大学院の園田寿教授(ネットワーク犯罪)は
「サイト(チューブファイア)を一概に違法と言い切ることはできない」とみる。
ファイル共有ソフト「ウィニー」の開発者が著作権法違反の幇助(ほうじょ)罪に問われた事件の裁判では
「ソフトの技術自体は有意義」と認定され、無罪判決も出ているためだ。

2011/10/13
全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111013-00000116-san-soci
額は2010年度、日本レコード協会広報部によるもの
http://www.riaj.or.jp/release/2011/pr110309.html



名無しさん@涙目です。(鶴ヶ城) 2011/10/13(木) 12:42:08.08 ID:vHPCfHyc0
今時あんなでかくて邪魔になるもの買うって相当馬鹿
レコード買うのと同じぐらい馬鹿



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。