働きながら40万稼ぐサラリーマンが使うFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|↑ページのトップへ戻る↑

子供に暴力的なゲームをプレイさせると犯罪率が低下することが判明

とれかん気まぐれ抜粋記事



名無しさん@涙目です。(dion軍)[sage] 2011/06/25(土) 03:31:43.77 ID:NHFW8xIx0 BE:711047243-PLT(12035) ポイント特典

テキサス大学の最近の研究によれば「全体で見ると、暴力的なゲームが暴力犯罪の低下につながる」そうです。

この研究は英国国営放送(BBC)で、アメリカの過去20年の犯罪率と共に紹介されていました。
BBCは犯罪率低下を引き起こした可能性のある説明を10通り挙げていますが、そのなかでも暴力的ゲーム
増加は最も理解しがたいかもしれません。他の説明としては子どもが鉛暴露にあう(問題行動に繋がる)機会が
減ったこと、カメラ付きのお携帯電話が普及したこと(犯罪が撮影される可能性が増えた)などが挙げられています。



「暴力的なゲームに時間を費やす効果による犯罪の減少の方が、攻撃性が高まることによる(犯罪の)増加より大きい
...(中略) 現在までに行われたほぼすべての実験はとても短期間の攻撃性しか確認していない。」

つまり暴力的なゲームを遊ぶ人は、その暴力性をゲーム中で発散することで、現実世界では暴力を行使しない
ということのようです

http://www.kotaku.jp/2011/06/violentgames_lesscrime.html



名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank) 2011/06/25(土) 03:32:35.64 ID:aH28viri0
キーボードクラッシャー君は?



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。